モーレル・ヴドー・リヴィングアース・シャルドネ

美しい地球をこれ以上汚さない一歩になれば。
ワインの原料となる葡萄は摘み取りが終わり、絞る前に水洗いを一切しません 。つまり表面に残る農薬や除草剤などもワインを矯成する要素の一つになるということ。だからそういった不純物を一切排除したワイン造りが世界中のワイン産地で見直されております。
薬品を畑で使用しないということは畑からその土地や山、川またそこに住む生き物まで含めた地球全体を保護することにもつながりるのです。
そうして完全オーガニックで造られたワインは余計なものが入っていない分 、その土地本来のパワーや葡萄そのものの生命力、また造り手の人達の温かさをダイレク卜で感じることができます。
2002年のフランスのランドックで生まれたワインは改良を重ねた現在、ワインラベルにもこだわり日本のデザイン学生との産学連携を実現し沢山の応募の中から京都の女子学生の作品が採用され使われています 。
販売価格 1,800円(内税)
購入数


Top