ドメーヌアザン・ピクプール・ド・ピネ

海の味。
南仏の中心都市モンペリ工の近郊の海からわずか6キロしか離れておらず、地中海からの潮の香りをたっぷり含んだ海風が心地よく吹きつける場所にドーメヌアザンはあります。
1985年からビオロジック栽培に取り組んできたオリヴィエ夫妻は少しずつ栽培面積を増やし特にこのエリアの名前そのものであるピクプール品種と砂を含んだ石灰岩の土嬢がとても相性がよいことを気づき、目を付け始めました。
幸運なことにさらさらと乾燥した気候と風による防虫効果も手伝ってごく自然にケミカルな物を使わない裁培をする事が可能だったとオリヴィエ夫妻は言います 。
「海に近いこの土地 の食べ物と良く合うようにできあがるんです。不思議とね 。」車を少し走ら
せ れば、海沿いの街らしく魚屋やオイスターバーが並んでいてそこには必ずピクプールのボトルが並んでいるそうです。
ワインの味わいは爽やかでほんの少しの甘みと塩を残す最高の状態に仕上がっており、まさしく魚介料理にぴったりです。
販売価格 2,000円(内税)
購入数


Top